About Logo Design
ロゴデザインについて

ロゴに込めた想い

名刺のロゴデザインは、決まりきった統一のデザインであるのが普通かもしれません。

 

でも、弊社社員の名刺に記載してあるロゴは、ベースとなるLデザインに社員一人ひとりが手書きを書き加えているため、各々異なったデザインになっています。

 

ここでは名刺のロゴに込めた想いを紹介しております。

出版から軸足をずらさない

弊社は出版事業を行う会社であり、それは今後も変わりません。 それを創業時から使っているLデザインに込めています。

Lデザインはどのように見えますか?

会社の頭文字のL、ブックスタンド(本立て)の形、人によっては手でそっと抱いているようなデザインに見えるかもしれません。
Lデザインは顧客にそっと寄り添って出版事業を行っていくイメージから作られています。

“手書きの良さ”を加えた名刺デザイン

名刺のロゴも、もともとはLデザインだけだったのですが、現在はLデザインにそれぞれの社員が手書きを書き加えたものを使用しております。


忘れがちな手書きの良さを残したいという意図、そして決まりきった対応ではなく、型にはまらずに柔軟に対応していきたいという意図が込められています。

手書きについて、例えば寿司屋で考えてみてください。
安い回転ずし店の場合は、画面で注文することも多いため、PCのフォントがよく利用されています。


一方で超高級店はいかがでしょうか?
今度はメニューがほとんどなくおまかせとなっているケースが多くあります。

でも、その間の安くはないけれど一人ひとりのお客様の好みに合わせたきめ細やかなサービスを提供する店は手書きのメニューがよく見られるのではないでしょうか?

手書きのメニュー、なんとなく美味しそうな気がしますよね。

弊社はお高く留まった会社ではなく、親しみやすくまた一人ひとりのお客様に臨機応変に合わせて心の通ったサービスを提供する会社でありたいと考えています。
Lデザインは顧客にそっと寄り添って出版事業を行っていくイメージから作られています。

入社した社員が最初にやること

弊社では、お客様から「名刺代わりに使用する本を制作したい」という要望を数多くいただきます。


そのため、社員が使う名刺には、それぞれの社員の手書きのデザインを加えることとしました。


会社から配られたものをそのまま配るのではなく、本を名刺代わりに使う著者様と同じ様に、自身が制作に携わったものを配るということに意味があると考えたためです。

入社した社員が最初にやる仕事、それはお客様にお渡しする名刺のロゴに手書きのデザインを加えることです。

 

お子さんと一緒に考える社員もいれば、自分の信念をデザインに込める社員もいます。

 

お会いして名刺を受け取った際には、ぜひロゴ周りの手書きデザインにも注目してみてくださいませ。

※手書きと手描きの区別をせず、すべて手書きと表記させていただいております。