『働き方改革におけるシステム監査の活用法』を出版しました。(2019/12/30)

この度、『働き方改革におけるシステム監査の活用法著・島﨑智久)を出版しました。 

 

内容紹介

日本人口の21%が65歳以上、超高齢化社会へと突入したこの国では、労働力の確保が課題。

時代の変化に追いついていない働き方改革、労働環境はどう変化していくのか。

 

労働力の確保とともに必要になる労働環境の改善。そのために打ち出した「働き方改革」には、ロボットの普及が施策として存在している。

労働力確保のために導入されることになるテレワーク、RPAなどAIの普及に対する監査というのは従来通りでよいのか。

ここ数年で増え続けるAIなどのロボットがシステム内に組み込まれることによって「正しいシステム監査の方法」というのを模索していかなければならない。


本書では、こうした働き方改革やPRAという時代の変化において、システム監査が持つことになる課題の過程を示している。
また、減点方式であるESGと絡めたシステム監査と共に、ESGの加点方式を取り入れることができるのではないかと考察しており、新たなシステム監査のあり方についても提案する。

 
<amazon URL>

 https://www.amazon.co.jp/dp/4909484639

ラーニングス株式会社
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町10-2 第2野口ビル102
TEL:03-5422-3680 / 営業時間:月曜~金曜 9:30~18:30(土日祝は除く)※電話受付:10:00~17:00

© 2019 learnings.co.jp

PAGE TOP